2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第2章☆石川陣の攻防

乱戦の渦の中へ飛び込んだのるんは「宜しくお願いします!」と震えながら挨拶をした
赤いバーと青いバーが入り乱れる。中はあっと言う間に7VS7の対戦になった

入ったものの何をして良いか解からず、気が付くと相手をそのまま殴っていた

これ中身みんな人なんだなぁと考えると、さらに手が震えた
とにかく、必死に殴り続けた、というかそれしか考えつかない

数分の後、味方も相手も数名倒れていって、どんどん中の戦士が入れ替わっていく
薬師が倒れると、忍者が入ってきたりと繰り返す

そんな時に刀を2本手にした、少し陽気な侍が入って着た
キャッ、キャッと言いながら、相手を力ずくで倒していく、のるんの震える手とバクバクしている心臓とは裏腹な
その陽気な侍は、すごい攻撃力で場慣れしている様だった

周りの戦士達も圧倒されていたようだ、そんな時のるんが、「もう私ダメそうなんで救援してください」と
声をかけると、「君は僕がまもる」とその陽気な侍が言い出した
「は?、何この人??」内心そう思いながら戦況を見つめていたその時
キャッと言う侍の声と同時に相手の旗折れのログが流れた
「おみごと!」と戦士達の声が響き渡る、

のるんは助かったと思いながら、合戦での初勝利を一人感動していた

それもそうだ、過去低レベル時代全く相手にならなかった対人でやはりレベルを50に上げて
やっと参戦したその合戦で、なんとか相手になる勝負出来ると言う嬉しさは格別な物だった

のるんなら、合戦で遊べる、今までの緊張感が後追いしてか、さらに信onの面白さ、奥深さに
感動を覚えていた
しかし、そんな事に浸っていられるのもつかの間、乱戦は次から次へと押し寄せてくる

「ここを押し返そう」伝令も飛び交う、ソロの戦士も多いが、やはり2人、3人の徒党が多く
両軍入り乱れての乱戦は次から次へと繰り広げられていた

のるんはその一戦が終わると少し後方に下がって戦況を見つめていた

先ほどの陽気な侍は、次から次へと最前線で乱戦に紛れ込んでいるのが見える
すごぃなー皆、慣れたら私もあんな風になれるのかな?
しかし、怖いって気持ちが強いのるんは、また乱戦の中へは戻れなくなっていた

すると、徳川のエース徒党が門からのカウントで走り始めた、囮も20人ほどいたか
ものすごい人数で石川の奪還に向かって走ってきた

わあああああ!!!と声を上げながらこちらに突進してくる囮と徒党は迫力があった

見事、エース徒党は着弾に成功して、大勢の徳川戦士は歓喜が上がった
エースの着弾を知った、北条家の残存の戦士は、その場引き始めると
一気に徳川がその場を制圧し始めた

後方で見ていたのるんの眼下に飛び込んできたのは、逃げ遅れた北条戦士に容赦なく次々に襲い掛かる
先ほどの陽気な侍の姿だった、そして現在と違い馬で追尾の攻略ではない当時は
戦闘モーションそのままで繰り広げられる、徳川エース徒党の各戦士の姿はまさにエースの風格そのものだった

格好いいなぁーこれがエースかぁ、会議等で強面なあの侍や忍者が、怏々しく戦っている姿をその場にいた
徳川戦士は皆見つめていた

だがその場で一人だけ、敵の発見ログをひたすら流している先ほどの陽気な侍は意味不明な事を言いながら
左に右に走り回っている、

のるんは合戦で修羅場を幾つも見て来るとこんなになっちゃうのかぁと思っていた時に
相手側の敵2を発見ログを出していた、「中老侍レベル50 2体発見!」すると陽気な侍が、

「あれやるか!」

とのるんに話かけてきた

つづく…


初めての合戦と言うのは、誰にでも緊張したんではないでしょうか?
合戦コンテンツと言う信on看板コンテンツに憧れて、日々育成をして
その場で遊べる嬉しさ、皆と対等に戦える楽しさを実感できたものでしたね

特に対人は、生き物であって、当時のユーザーを釘付けにしたものでした
馬も無いこの時代は、敵の徒党も味方の徒党もすごく格好良く見えた物です

追尾は基本割れるという事で、手動で個々に走っていったものです
それにはルートを覚えましょうと会議では良く言われたものですね

追尾ではないのでキャラが重ならない所に、良さがありましたね
毎回同じ敵の固定徒党をみていて、羨ましくも思えた初期の合戦です

また合戦は、知人を沢山増やせた場所ですね。
毎回顔を合わせているうちに、簡単に友達になれた、そんな場所でした。
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

*
カテゴリ
Twitter
カウンター
2012、8,12~
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。